プロフィール

【事務所名】       中林司法書士事務所
【住所】         兵庫県たつの市新宮町新宮382番地4
【お問い合わせ】      0791-60-1326

対応エリア

兵庫県 たつの市、姫路市、宍粟市、佐用郡佐用町、相生市、赤穂市、揖保郡太子町、赤穂郡上郡町、高砂市、加古川市 その他の地域、隣接府県もできる限り対応いたします。

主な取扱業務

•成年後見・任意後見
•相続(相続した不動産の名義変更、相続放棄、預貯金の相続手続きなど)、遺言書作成・執行
•借金問題(過払い金返還請求、自己破産、任意整理、個人再生など)
•不動産名義変更その他不動産登記(相続、生前贈与・死因贈与、売買、離婚に伴う財産分与、抵当権設定・抹消など)
•離婚問題(離婚調停、財産分与、離婚協議書など)
•労働問題(未払い賃金、残業代請求、退職金請求、解雇トラブルなど)
•裁判業務(貸金トラブル、消費者問題、内容証明、登記訴訟など)
•商業・法人登記(役員変更、会社設立など)

このようなことで困っていませんか?

 

子どもや孫などあなたの大切な人がスムーズに財産を承継するために

相続手続きでお悩みごとの法的解決のお手伝いをします!

 

  • 自宅が亡くなった父名義のまま
  • 亡くなった父名義の預貯金や保険の解約・名義変更したい
  • 自宅や土地が数代前の名義のまま
  • 相続人が兄弟姉妹やおい・めいなのですが
  • 相続人の中に未成年者がおられる
  • 相続人の中に行方不明者がおられる
  • 相続人の中に認知症の方がおられる
  • 金庫の中から遺言書が出てきた
  • 亡くなられた方が借金をしていたようだ
  • 管理している土地や建物の持ち主が死亡したが、相続人がいない


上記以外の事でも、困っていること・分からないことやご相談などございましたら、お気軽にご連絡ください。

 

相続の対象となる財産(相続財産)は?

 

相続の対象となる財産(相続財産)には、プラスの財産とマイナスの財産があります。

(例)プラスの財産 ・ ・ ・ 現金、預貯金、不動産、株式、車、過払い金など

(例)マイナスの財産 ・ ・ ・ 借金、住宅ローン、自動車ローンなど

 

遺言書がない場合の相続手続の流れ

 

1.亡くなられた方に子どもや夫・妻などの相続人がいる場合

 

①相続の開始があったことを知った日の翌日から3か月以内に、家庭裁判所に続放棄限定承認の手続きを行うことができます。

 

単純承認した場合について(②~④)

 

②子どもや夫・妻などの相続人が複数いる場合は、遺産分割協議(亡くなられた方の財産を分ける話し合い)を行います。

 

③-1 話し合いがまとまる(遺産分割協議が成立する)と、遺産分割協議書を作成します。

 

③-2 話し合いがまとまらない(遺産分割協議が成立しない)場合は、家庭裁判所に調停を申し立てます。調停は家庭裁判所での話し合いです。調停がまとまる(成立する)と、調停調書が作成されます。

 

③-3 調停がまとまらない(成立しない)場合は、審判に移行します。審判は家庭裁判所が子どもや夫・妻などの相続人の言い分を聴いて判断します。審判が終了すると、審判書が作成されます。

 

④最後に、相続財産の名義変更を行います。

 

 ※相続登記(相続した土地や建物の名義変更)についてはこちら

 

2.亡くなられた方に子どもや夫・妻などの相続人がいない場合

 

相続財産管理人を選任して、相続手続を行います。相続財産管理人は、家庭裁判所が選任します。

 

相続の仕方

 

相続の仕方は、単純承認相続放棄限定承認の3種類あります。

 

1.単純承認

 

単純承認は、プラスの財産もマイナスの財産も受け継ぎます。

通常の相続の仕方です。相続の開始があったことを知った日の翌日から3か月を過ぎたり、相続人が相続財産を処分すると、原則として単純承認したものとみなされます。

 

2.限定承認

 

限定承認は、単純承認と同じでプラスの財産もマイナスの財産も受け継ぎます。しかし、単純承認と異なり、マイナスの財産については、承継したプラスの財産の限度内でしか責任を負いません。

亡くなられた方のプラスの財産やマイナスの財産の金額が正確にはわからない場合にとられることが多い手続きです。特定の相続財産を確実に取得したい場合や次順位の相続人への配慮から行われる場合もあります。

限定承認は相続人全員でしなければならないなどの制約があります。

 

3.相続放棄

 

相続放棄は、プラスの財産もマイナスの財産も受け継ぎません。

マイナスの財産(借金など)が多い場合にとられることが多い手続きです。

プラスの財産を受け継がないため、特定の相続財産を確実に取得したい場合は、他の相続の仕方を考える必要があります。

 

 ※相続放棄について詳しくはこちら

 

4.どの種類がよいか

 

相続の仕方は、他にも保証人の有無や税金の事など様々な事情を考慮して判断すべきです。実際の事案をみないと判断できないこともありますから、迷われたら当事務所に一度ご相談いただけたらと思います。

 

 

中林司法書士事務所

TEL: 0791-60-1326

 

 





このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています